ダム建設による河床低下と河岸崩壊4/1

 

論文が伝える鬼怒川の露盤化現象

 近年、全国各地の河川で岩盤が露出する『露盤化』が問題視されるようになった。露盤化とは、ダムによって本来供給されるべき土砂供給が止まり、河床が下がり続けた結果、河床の基質である岩盤が露出した状態をいう。

 これまでもお伝えしてきたが、砂防ダムや治山ダム、多目的ダムなど河川横断工作物が建設されると、ダム下流部では土砂の供給量が減少することで河床が低下する。河床低下が進行し続けた末路ともいえるのが、河床に留まっていたはずのすべての礫が消失する状態、露盤化である。

 本来の河床は大小さまざまな礫(石や砂利)が幾重にも重なって岩盤を覆い(露盤化に対し礫床化と呼ぶ)、礫の隙間にも水が流れて伏流水を生み出している。そうした場所が魚類の産卵床になったり、水生昆虫の生息場所にもなっているわけだ。礫が消失してしまう露盤化は河床の生態系に致命的な影響を与えるとともに、河川全体の生態系に大きな変化をもたらしてしまっているのである。

 その解決策だが、利水や治水、発電のために建設された多目的ダム(貯水ダム)が原因である場合、容易ならざるものとなる。砂防ダムや治山ダムはスリットを入れるなど土砂を流す改修が可能だが、貯水ダムではそれが不可能だからである。唯一解決策があるとすれば、それはダム撤去くらいだろう。

 近年は『ダム水害』と呼ばれるダム放流による人為的な水害が問題視されるようになり、訴訟に発展する事例も見受けられる。洪水を防止してくれるはずのダムがむしろ災害を引き起こしてしまうのだから、流域住民からダム不要論が噴出するのも無理はない。さらに建設年次が古いダムは老朽化も著しいはずであり、こうした問題を解決する意味からもダム撤去の議論は今まで以上に活発化させるべきだろう。

 しかし「ダムによらない治水」を検討してきたはずの民主党はすでに官僚と御用学者により掌握され、ダム撤去どころかあの八ッ場ダムですら建設に向けて舵を切り始めた。このため多目的ダム下流における河床低下および露盤化の解消は全く目処がたたない状況。その間、天然資源(魚類)は減少し続けることになる。

                  (次のページへ続く)

極度な河床低下により河床にある礫(土砂)がすべて流され、露盤化する北海道・真駒内川